あなたはブスを愛せるのですか?
世の中の8割を占めるブスに、
どれほどの価値があるというのでしょうか。

ブスを愛すとか、
狂気の沙汰としか思えません。

何を隠そう、、、

わたしは美人が大、大、大、大好きなのです。

だからこそ、
たった数%の美女とだけ効率よく出会う方法
を編み出し、実践し続けています。


田舎住まい…ナンパする勇気や時間もない…。

そんな地位も金もない
ド田舎平凡サラリーマンだったわたしが、

毎週末、周りの男共から羨望の眼差しを
受けるほどの美女とセックスしまくれるようになり、

美女のほうから、「早く会いたい…」と
懇願されるようになった秘密とは・・・

平凡サラリーマンの末路

もし、あなたがなにもせず、ただノホホンと生きていて、
女性との出会いが皆無の生活を送っているしたら…
マジメに働いていれば、そのうち結婚相手もみつかるだろう。

そんな、楽観主義でいるとしたら…


・老後も1人寂しくコンビニ弁当を食べる日々になります。

・生涯独身で子供や孫もできず、孤独死することになります。

・友人のカワイイ彼女を見て、嫉妬に狂う人生になります。


また、馴れ初めでなんとなしに
付き合ってるブサイクな彼女がいたとしても…


・好きでもない、可愛くもない、そんな女に自分の給料の
 全てが奪われることになります。

・妥協に妥協を重ねた女と、生涯を共にし、
 我慢の連続の人生になります。

・美人妻をモノにした友人に、暗に自慢された挙句、
 影で鼻で笑われます。


あなたの人生はこのまま
終わっていいのでしょうか?

棺桶に足をつっこむ間際になって、


「Sランク美女と狂うほど、
 セックスしたかった!!!!」


と、世界の中心で、遺恨を叫んでも、
誰も同情なんてしてくれません。

どうあがいても遅すぎるのです。

後悔しようが、何しようが、
もはや手遅れなのです。

ブッサイクな彼女で妥協の原因

もし、あなたが、今まで生きてきた中で、
心の底から納得できる彼女が1度も
できたことがなかったとしたら、

その原因は、2つあります。


1つ目は、


ナンパが最強という幻想


を受けてることです。


美女と出会うには、

『ナンパが最強』

なんてフレーズをあなたも1度は
聞いたことがあるかもしれません。


ですが、本当にそうでしょうか?


人間誰しも、得意不得意があります。

歴史が得意な人もいれば、
数学が得意な人もいます。

これは、出会いでも一緒だと思うのです。


道端で、見知らぬ女性と瞬時に
仲良くなるのが得意な人もいれば、
飲み会で絶大な魅力を発揮する人もいる、
ネットだけで出会いを量産させるのが得意な人だっています。


何が最強かなんて、
人によって違うと思うのです。


そりゃ、ナンパを教えてる方々は、
ナンパが最強って言いますよ!

当然ですよね?

それで稼いでいるのですから。

あなたが得意であろうが、なかろうが、
「ナンパしましょう!」と言うのです。

これは、あなたの都合ではなく、
その人の勝手な都合でしかないのです。


また、ナンパは、


田舎であればあるほど、
デメリットが増えます。


・そもそも人通りが少ない

・会社の上司や、知り合いに
 遭遇する確率が高い

・すぐに変な噂がたつ


むしろ、田舎でのナンパは
デメリットのほうが多いのではないかと
感じてしまうくらいです。

これでは、うまく出会えるものも
出会えるはずがありません。


では、どうすればいいのか?

簡単なことです。

お好きな出会い法をお選びください

多くの出会い法の中から、
自分の得意なものだけを
極めていけばいいのです。


平日は、夜遅くまでデスクワーク…

休日も残業…

上司に誘われた、
愚痴を聞かされるだけの飲み会…

家と職場の往復の毎日…


我々は、学生やニートと違い


暇人ではない


のです。


だからこそ、
わざわざ苦手なものをやっていく必要はなく、
得意なものを伸ばしていったほうが
何倍も効率がいいのです。


ナンパ最強説に踊らされ、自分が得意でもない、
自分のライフスタイルに合っていない、
そんな出会い法にチャレンジしている。

これが、多くの人が納得のいく出会いを
作れていない1つ目の原因です。


そして、もう1つは、
ナンパ以外の方法で美女と
出会う秘訣を知らなかったことです。

どんな出会い手段だろうと、美女と出会える

あなたの知り合いに、見ているだけで
癒されてしまうほどの彼女がいる人はいないでしょうか?

思わず略奪したくなるような、スタイル抜群な
美人妻がいる人はいないでしょうか?


そして、彼らは、
全員ナンパで知り合ったのでしょうか?
・・・
・・・
・・・
・・・
そうではないと思います。


学校だったり、合コンだったり、
友達の紹介だったり、
まー、経緯はさまざまでしょう。


つまり、


ナンパがすべてではない


ということです。


ナンパ以外の方法でも、
最上級の美女に出会うことは可能なのです。


ここであなたは、

「どんなに出会いを増やしても、ブスばっかりじゃねーか!」

と、叫びたくなるかもしれません。


たしかに、そうです。


世の中の、8割はブス


です。


闇雲に出会いを増やしたところで、
時間とお金だけが浪費されていくのは自明の理です。


『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』戦法で、
出会いの数だけ増やすことは、


バカでもガキでもできます。


そんな低レベルな戦法は、
我々がとるべきものではありません。

それは、
時間とお金を持て余してる暇人が
とるべき戦法なのです。


つまり、我々が
追求していくべきポイントは、
時間とお金を浪費せずに、


いかに効率よく、
美女と遭遇していくか


この一点です。


出会いを求めてる美女は、どんな感情でどこに現れ、
どういった行動をとっているのか。

そんな美人特有の行動パターンを
把握することが先決なのです。


この行動パターンを把握さえできれば、
あとは、先回りするだけです。

その場所に、あなたも足を運ぶだけなのです。


そして、今回わたしが作り上げた美女遭遇メソッドでは、
ナンパ以外の5つ+αの出会いの場で、美女との遭遇率を
格段にあげる秘訣をまとめてあります。


その中から、
あなたの、ライフスタイルに合った、
得意な出会い場にチャレンジしていくだけで、、、


人が少ない田舎僻地だろうが、
あなた好みの、細身の巨乳OLや、
二人っきりになると子供にように甘えてくる女子大生と、
好きなときに好きなだけセックスできる環境が手に入るのです!


実はかくいうわたしも2年ほど前まで、


ド田舎平凡サラリーマン


でした。


大学を卒業後、新卒で入った全国の規模の会社。

初めての辞令で配属された先は…
今まで住んだこともなければ、行ったことすらない。

山、そして川しかにないような、
へんぴなところにたてられた工場でした。

街灯もほとんどなく、
夜には星があり得ないくらいキレイに見える。

そんな場所です。

家と職場の往復の毎日

当然ながら、友達はゼロ。


・男だらけの職場

・家と職場の往復

・車通勤


彼女どころか、友達すら一人もできず、
出会いの『で』の字もない。

そんな孤独な
生活が数年続いていました。


ですが、わたしも男です。


「ヤりたい!」


そんな底知れぬ欲求が日に日に
強くなっていきました。


部屋で1人エロ動画を見て、


裸エプロンで料理を作ってる彼女の
後ろから、ちょっかいを出したい!

JKやCAのコスプレさせてお尻をフリフリさせたい!

Tバックに極ミニスカを履かして、街中を連れまわしたい!


そんな妄想だけがドンドン膨らんでいきました。


なにせ、風俗すらないようなド田舎です、
妄想以外にすることがなかったのです。

当然ながら、そんな妄想だけで
フツフツと体の内側から湧き出てくる欲望を
抑えきれるはずもなく、


妄想だけで終わる日常に嫌気


が差してきました。


ですが、そんな愚痴を聞いてくれる友すら
いなかったわたしは、


「出会いを増やすしかない!」


と思い、おのずといろいろな出会い法を
調べるようになっていきました。

出会いノウハウの教材を買い漁ったり、
ネットであらゆるブログやサイトをチェックしたり。


そして、バカだけれども行動力だけは
飛びぬけていたわたしは何も考えずに、
そのすべてにチャレンジしていったのです。


代表例を上げると、

 □カップリングパーティー
 □異業種交流会
 □合コン
 □業者合コン
 □企画合コン
 □街コン
 □社会人サークル
 □習い事
 □出会い系サイト
 □SNS
 □ライン掲示板
 □チャット掲示板

etc…

ありとあらゆる出会い法にです。


そして、その執念のおかげか、
結果はすぐに出始めました。

毎週末、予定が埋まり、
違う女と遊べるようになってきたのです。


ただ、、、、

 

 

突然ですが、
ちょっと想像してみてください。

三段腹妖怪ブタ女とのセックス

寝そべっているあなたの上で、三段腹を大きく揺らし、
妖怪のような気持ち悪い声を出しながら激しく腰を振っているメス豚。


果たしてこれは、、、


快楽でしょうか?


それとも、拷問でしょうか?

・・・
・・・
・・・

話を戻します。


もちろん、最初は、


相手がどんなに醜悪であろうと
楽しめました。


自慰や妄想よりは、ブスでもヤリまくっていたほうが
まだましだと感じていたのです。


ですが、経験人数が10人を越えたあたりから、
違和感を感じ始めました。


重量級のブタが腰を振ったところで、
重いだけでなんの快感もない、
むしろ残酷なバツゲームだ…

醜い顔や、汚い肌を見ても、
興奮はおろか吐き気しかしない…

アソコの臭いはまさに生ゴミ…


終わった後に、快楽どころか、
後悔しか生まれてないことに
気づいてしまったのです。


そう、

よーーーーく、自分の心に
向き合ってみると、


ブスを何人抱いたところで…


何一つ満たされていなかったのです。


圧倒的に出会いの数は増やせました。

だがそこには、カスみたいな
余り物の女しかいなかったのです。


「やはり田舎には、最上級の
 美女は存在していないのか・・・」


いうならば、美女欠乏症に陥り、
一切行動できなくなった時期もありました。

美女遭遇の兆し

それでもわたしは、諦めずに
細々と出会いを増やしていきました。


そんな夏のある日、
事件がおきたのです。


偶然ですが、遂に遭遇できたのです。

思わず胸が踊ってしまうような女に。


それは、いつも参加している出会い場だったのですが、
普段とはちょっと違う日程で参加した日でした。

そのころ、まだ未熟だったわたしは、
連絡先交換するまでには至りませんでしたが、

そこには、確実にいたのです!


わたしの好みド・ストライクな美女が。


なぜ、あの場所に美女が現れたのか?

そんな疑問が脳内を駆けずり回っている内に、
1つの仮説がたちました。

もしかしたら、


美女特有の行動パターンがある


のではないかと。


韓流好きには、主婦が多いように。

アイドル好きには、アニメ好きが多いように。

ゴリラがバナナばかり食べてるように。


美女だからこその、
特有の行動パターンがあるのではないかと。


それまでのわたしは、
自分が暇な日、手が空いた時間。

いわば、自分の都合だけで
出会いを増やす行動をしていました。

自分の仕事が休みの日にパーティに
参加したり、手が空いた時に
サイトをやっていたのです。

多くの男が考えてすらいない美女の現実

この価値観を逆にしてみたのです。

相手の立場になって、
見るようにしてみたのです。


わたしが求める美女達は
何曜が休みで、何時くらいに暇していて、
休日は何をしているのか。

そこを考えるようにしたのです。


つまり、何時にスマホをイジっていて、
どんな日に出会いの場に参加しようと思うのか。

どのタイミングで飲み会に
参加しようと思うのか。


美女の現実を分析し始めたのです。


そして、その分析をもとに、あらゆる出会い場に
挑むようになっていきました。


すると、、、


今までは、全然遭遇できてなかった美女たちに
少しずつではありますが、遭遇できる確率が
上がってきたのです。


ようするに、


美女と出会える確かな法則


が見えてきたのです。


わたしは、この法則を元に、
そこから2年以上検証に検証を重ね、
独自の統計を取っていきました。

すると、この法則はさらに洗練され、
こんなことが朝飯前にできるように
なってきたのです。


・合コンで4人中3人が
 皆がなっとくする美人が揃う。

・ピンポイントで参加したパーティで、
 小柄美白看護師と出会い、後日自宅お泊り。

・サイトを1週間やっただけで、
 スタイルバツグンのFカップOLと
 昼間からホテルでイチャイチャ。


田舎にも関わらずです。


いつでも、自分が求めた時に高確率で
美女との出会いを作れるようになったのです。


しかも、その成果は
出会えるだけに留まりませんでした。


1週間で最低5人以上の美女と出会い、
彼女たちだけを口説き続けていった結果、、、


すっかり、


美人慣れ


してしまったのです。


美人の前で緊張しなくなり、
どんな最上級の女性が来ようと、
媚びることなく、堂々と、上から目線で
優しくからかえるようになったのです。


いつも会っている女性。


例えば、母親や、姉や妹、
おばーちゃん、幼なじみ。


あなたは、
そういった女性と、話をするとき
緊張するでしょうか?


大半の人はしないと思います。


もうお分かりですよね。


まさに、それと同じことが起こったのです。


美女と出会うのが当たり前になり、
美女と会話するのが自然になり、
美女のほうから「早く会いたい♪」と
言ってくるのが日常になったのです。

従順で金のかからない美女

もしかしたら、あなたはこんな
心配をしているかもしれません。


美女との出会いを量産してしまうと、


「サイフがもたない!破産してしまう!」


「わがままに振り回され、
 自分の時間が奪われてしまう!」


と。


断言しますが、
これは大きな勘違いです。


美女と効率的に出会い、
美人慣れできれば、1人の女に
固執することも皆無になります。

固執していないからこそ、
振り回されることもなければ、翻弄されることもありません。

ブランド物のバックをプレゼントすることもなければ、
高級フランス料理を奢ることもないのです。


むしろ、逆です。


圧倒的な余裕から、そのへんの
媚びてるしょうもない男共と一線を画し、
美女があなたを追いかけてくるようになるのです。

あなたに嫌われるのを恐れ、
率先してわがままを聞いてくれるようになるのです。


美女ほど、従順に従ってくれるのです。


割り勘どころか、


「今日は、私に出させて♪」


なんて、美女の方から
奢ってくれるようになるのです。


ましてや、大金はたいて
風俗や、キャバクラに通う気なんて失せます。


『美女は、わがままで金がかかる』


これは、マンガやドラマで植え付けられた
偏見以外の何ものでもないのです。

すれ違う男女からの羨望の眼差し

その美人慣れのおかげか、
そのへんの男が媚びへつらい
美女たちに軽くあしらわれ、
手の平で転がされているの尻目に、